西湖へらぶな釣り 2018.7.10

 本日は釣友と西湖丸美よりボートでの釣り。当日は山梨県全域で雷注意報が出ていたが雷はならずに暑い一日となった。最高気温28℃最低気温18℃、水温23℃。

 船宿の話では最近はくわるびで釣りをする人はいないようで岩盤ロープが主の様。浜でモジリを確認するとくわるびロープ左にモジリが結構あり坂下ロープもくわるび側もモジリがある。とりあえず2時間ぐらい釣りをやってだめなら高松ロープに引き船をしてもらうことにしてクワルビロープ左に決めた。

 

f:id:herataro:20180713074829j:image

 本日のタックル竿19尺バランスの底釣り。ハリス上37cm下45cm。浮き自作カヤボディー13cmパイプトップ13目盛り。餌=夏、冬、ペレ底、マッハ各1杯水を2杯。タナを測ると19尺40cmくらい穂先が余る感じ。釣り開始から15投ぐらい打ったところで浮きに反応があり30分ぐらい経過したぐらいで最初の一枚が釣れた。携帯を忘れたと思っていたので写真はないが陸釣り同様のサイズのへらが釣れた。その後も当たりっきりで良く浮きが動きどのあたりが食い当たりなのかわからない。3回あたりを見送って乗るパターンもあれば一発目で乗る当たりもありとにかく当たりが多かった。比較的よく乗った当たりは半節程度の小さいあたりが比較的よく乗ってきた。

 
f:id:herataro:20180714081004j:image

      8時まで    8枚

      9時まで    5枚

     10時まで   10枚

     11時まで    6枚

     12時まで    4枚

     13時まで    3枚

     14時まで    4枚 

     15時まで    4枚

  15時半納竿まで    5枚

 

型30cmから40cm奇麗なへらが多かった。

 

西湖へらぶな釣り 2018.7.3

  今回も2日間西湖の釣行。しかし、明日の4日は天気が悪いので2日目はどうなるかわからない。西湖到着4時30分。天気は曇っている。本日の気温最高気温29℃、最低気温18℃。朝は風が強めで肌寒い。

 今日のポイントはヒラの予定で長崎方面には目もくれずに向かう。ヒラに到着するといつもの車が一台ともう一台止まっていた。ちょうどポイントに向かうところだったので近況を聞くと昨日もやったけれどそれほど良くなく魚は居るが食わないそうだ。魚がいないよりは良いだろうと思いヒラにポイントを決めた。ハシゴを降りて右方向にワンド奥側よりにポイントを構えた。本当はハシゴのところか左側にしたかったのだが既に入られていたので。

 

f:id:herataro:20180704161923j:image

 本日のタックル竿16尺バランスの底釣り。浮き自作カヤボディー12cmパイプトップ。ハリス上40cm下48cm。餌=夏、冬、ペレ底、マッハ+水2杯。タナを測ると二本丁度ぐらいと思ったより浅い。釣り開始5時19分。沖にはたまにモジリがある。第一号は意外に早く5時51分ツンと入った。型は30cmくらいか。

 
f:id:herataro:20180704163547j:image

その後の1時間は間が空くがたまに当たりがある。魚は居る感じがする。隣はあまり当たりが無いようなことを言っているが以外に今日は釣れる感じがする。8時近くになると大分当たりが出だし好調になる。なかなかのペースで釣り込むことができた。たまに良型できれいなへらが混じる。サイズは36,7センチくらいあろうか。

 
f:id:herataro:20180704163851j:image

 
f:id:herataro:20180704163902j:image

 

開始から6時まで   1枚

    7時まで   0枚

    8時まで   3枚

    9時まで   2枚

   10時まで   1枚

   11時まで   3枚

   12時まで   4枚

   13時まで   6枚

   14時まで   1枚

   15時まで   5枚

   16時まで   1枚

   17時まで   3枚

   17時30分納竿まで 3枚  合計33枚。型30cmから37cm

 2日目の7月4日は天気予報通り雨が降りそう。なのですぐに逃げられるよう津原を覗くが波があり釣りになりそうもなかったので小ジラが気になっていたので小ジラにポイントを決めた。今にも雨が降りそうだが10時ぐらいまではできるだろと思い少しやってみることにした。

 
f:id:herataro:20180704164847j:image
f:id:herataro:20180704164858j:image
f:id:herataro:20180704164907j:image

 ポイントはハシゴから少し突端寄りのところ。本日のタックル竿16尺バランスの底釣り。昨日と同タックル及び同じ餌。タナは2本ちょっと。5時8分釣り開始。水面がギラギラして浮きが見えない。我慢していたが6時過ぎについに雨がポツポツと降ってきてしまった。予報では1日中雨予報なので晴れるとは思えないので納竿した。沖に少しモジリがあった。

     

西湖へらぶな釣り 2018.6.27

 西湖2日目。最高気温25℃、最低気温19℃。西風強く朝10時過ぎまで雨が降ったり止んだり。

 今日はヒラか小ジラにしようかと思っていたが、夜も風がやむことはなく今朝もかなりの風。津原または、鵜木方面は風でどうしようもないので論外。結局昨日釣れた根場の崖下にすることにした。昨日のポイントより左に移動した場所にしてみた。


f:id:herataro:20180629215007j:image


f:id:herataro:20180629215020j:image

 本日のタックル。竿13尺。バランスの底

釣り。餌=夏、冬、ペレ底各1杯+水2杯。浮き自作カヤボディー12cmパイプトップ。ハリス上40cm下48cm。タナを測ると昨日の場所よりいくらか深い。ほぼチョーチン。

 釣り開始5時12分。魚の気配がない。たまに沖の方でモジリがある。10投目ぐらいにいきなり消し込んだが空振り。その後は全く当たりが出ない。1枚目が釣れたのは6時42分消し込んで釣れた。


f:id:herataro:20180629215135j:image

 次に釣れたのは8時54分ツンと浮きが入り乗った。10時11分3枚目。その後触りはごくまれに出るがあたりにならない。ようやく釣れたのは12時03分ツン当たりで4枚目。12時07分上で浮きが止めあわせると乗った。その5分後追加。これから調子が良くなるかと思いきやまたぱったり当たりが止まり14時37分食い上げて釣れた。15時13分ツンと入り8枚目。15時26分納竿。昨日は釣れたが今日は全く。魚も水面近くに見えることもなかった。

 本日の釣果8枚。 型30から35cm。

西湖へらぶな釣り 2018.6.26

  本日の西湖の天気霧雨から晴れ。最高気温25℃。最低気温14℃。西風やや強く吹く。

 西湖到着5時。今日の予報では風はそんなに吹かない予想なのでたまには鵜木若しくは長崎にしようか思う。鵜木には誰もいないが、津原には車が4台も止まっていた。長崎には2台。松屋は誰もいない。鵜木は西風が吹かれるとどうしようもないので松屋で今日は釣りをすることにした。この時間帯で誰もいないのは少し不安だが。


f:id:herataro:20180628213223j:image

 本日のタックル。竿16尺バランスの底釣り。浮き自作カヤボディー12cmパイプトップ。ハリス上40cm下48cm。エサ=夏、冬、ペレ底各一杯+水2杯。

 タナを測ると3本ちょっとといったところ。5時31分釣り開始。霧雨が降ってしかも風が吹き出し寒い。カッパを着て寒さを凌ぐ。のちにこの場所に7人この場所に人が入ってきた。

 当たりが出ない。1時間ぐらいたった辺りに1回当たりが出たがカラブル。第一号が釣れたのは7時22分「ツン」と浮きが入りようやく釣ることができた。


f:id:herataro:20180628215409j:image

その後はまれに当たりがあるが釣れることがない。9時を回ったころ移動をする人が出る。どうも釣れる気がしないので移動を決断した。

 小ジラ4人位釣り人がいるか。ヒラには車が4台止まっている。縦に止めてくれればまだ止めることができるのに一台横に止めている。やめてほしいものだ。根場の駐車場に車を止め一人長竿で絞る姿が見える。光岩を見てみようと向かうと松屋から移動してきた人と会い光岩を見てきたようで一人釣りをしていた人がいたけれどやめてしまったということだった。釣れていないのか。結局根場の崖下で釣りをすることにした。ポイントはロープから根場方向に釣り台をセット。


f:id:herataro:20180628215841j:image

竿13尺バランスの底釣り。他松屋の時と同じ。底を測ると1メートルぐらい余る。釣り開始は10時15分。

 釣り開始から40分ぐらい経った10時57分ツンと入り根場第一号。その後は2分後またツンと入り連荘。

 
f:id:herataro:20180628215814j:image

  その後は当たりが途絶えたが11時51分チクリと入り3枚目。ここから調子よくなり12時06分にはリャンコで釣れた。

 
f:id:herataro:20180629213412j:image

  昼過ぎから調子がかなり良くなる。移動して正解だった。一緒に松屋から移動してきた人の話では松屋でも10枚以上釣れたとのことだった。

 

 本日の釣果23枚(松屋で1枚)

 11時まで    2枚

 12時まで    5枚

 13時まで    6枚

 14時まで    1枚

 15時まで    2枚

 16時まで    3枚

 17時半まで   2枚

 型32~34cm

びん沼へらぶな釣り 2018.6.19

 今日の天気は晴れ間が出るとのことなのでびん沼で釣りをすることにした。5時過ぎにびん沼に到着し、どの辺に入るか悩んだが、今日は水道管南側に入ることにした。


f:id:herataro:20180620161717j:image


f:id:herataro:20180620161736j:image

 5時30分釣りを開始。本日のタックル。竿9尺。浮き4.5cmパイプトップ。ハリス上30cm下40cm。タナ50cm。餌 カルネバ1+凄麩2+マッハ2+水1。これを基本にマッハをGTS若しくはパウダーベイトへらに変更したものを使用。

 すぐに当たりが出るかと思ったが1時間ぐらい経ってから当たりが出始める。カラツンが相変わらず多く餌を合わせることが全くできない。最初の大1号が釣れたのは6時35分型は30cmぐらい。

 
f:id:herataro:20180620161657j:image

 その後はカラツンを交えて調子が上がり9時30ぐらいまでは調子が良くそれ以降はたまに当たる感じで消し込んでも乗らない。どうも餌の開きが良くない感じで餌を開くようにするとたまたまかもしれないが釣れる。だが一時調子が良かっただけでその後は時々当たる感じで釣果を伸ばすことができなかった。釣れない時間周りを見回してみても竿を絞っている人がいないようなので全体的に渋いようだ。浮きの周辺には魚は居るようで餌を食いに来る魚がいないよう。

 

 開始から6時30分まで 0枚

 7時30分まで     6枚

 8時30分       3枚

 9時30分       0枚

10時30分       0枚

11時30分       0枚

12時30分       4枚

13時30分       0枚

14時30分       1枚

15時20分納竿     0枚

 

本日の釣果15枚 型18cmから30cm たまに良型が混じる程度でほとんどが小ベラ。釣れない時間帯になったらウドンセットの釣りのほうが釣果が伸びると思われた。

 


f:id:herataro:20180620162829j:image

三島湖へらぶな釣り 2018.6.12

 今日は釣友と三島湖房総ロッジよりボートでの釣り。昨日の雨で水位が2メートル上がり釣りにどのように影響するのか?減水の原因はダムが亀裂により漏水したため緊急の工事で水を落としたそうだ。

 2時に自宅を出発し現地に着くとどんよりした雲があり今にも降りそうだったが今日は日中晴れて天候に恵まれた。気温27.1℃水温23.5℃水位-6.2m。

 ロッジに到着4時半。ブラックバスの連中が大勢。ヘラは我々ともう一人しかいない。状況を聞くとネオツか夢の島辺り若しくは増水したのでくじらの突端が良いのでは?とのことだった。取り合えず夢の島へ向かい回りの状況を見ながらポイントを決めることした。

 5時出舟チャイムが鳴り予定通りに夢の島方面に向かう。別荘下、ネオツ周りにモジリはない。夢の島の旧オダ方面に向かい水深を測ってみると4.4m。旧オダから奥まで行くとかなり浅いと思われる。またモジリも全くない。


f:id:herataro:20180612214917j:image

 釣れる感じがしないので看板下にしようとUターン。看板下に到着し水深を測ると5.7mある。今日は底釣りを予定していたので21尺で釣りをすることにした。

 本日のタックル21尺バランスの底釣り。ハリス上35cm、下42cm。針改良スレ7号。浮き自作カヤボディー13cmパイプトップ。餌=夏、冬、ペレ底、マッハ各1杯水2杯。タナを測ると19尺でもなんとかなりそうなくらい穂先から余る。昨日の雨で増水も考えられるので21尺で釣りをする。

 5時54分釣り開始。1時間もしないうちにへらの当たりか微妙な当たりが出始める。ジャミあたりにも思える。当然ながらひっかくこともなく何の魚なのか検討がつかないままついにへらぶならしいツンと入り7時13分本日の第1号が釣れた。三島湖にしては小ぶりの魚だ。

 
f:id:herataro:20180612215722j:image

 21尺の仕掛けが絡んでしまい19尺に変更。ギリギリだと思われるのでハリスを上42cm下50cmに変更。ちょうどよい感じで棚が取れた。この19尺の仕掛けも根掛をしてしまい引っ張ったら穂先から抜けてしまった。浮きは回収できたが、仕掛けは回収でしなかったので10時半10尺のチョウチン両ダンゴの釣りに変更することになってしまった。 10尺のタックル。浮き自作カヤボディー9cm。PCムクトップ。針上37cm下50cm。エサガッテン1+凄麩2+パウダーベイト2+水1。浮きをしっかり入れ反応がないと縦誘いを繰り返してあたりを出して釣る感じ。魚は居るがなじむと当たりはなかなか出ない。ポツポツ釣るのがやっと。オカメならもう少し釣れただろう。

 8時まで  3枚

 9時まで  6枚

10時まで  12枚

11時まで 13枚

12時まで 17枚

13時まで 19枚

14時半納竿 22枚

 本日の釣果 22枚 型18cmから36cm。

 
f:id:herataro:20180616082632j:image

f:id:herataro:20180616081736j:image


f:id:herataro:20180616081806j:image

西湖へらぶな釣り 2018.5.29

9 西湖2日目。今日は根場で100人規模カヌー教室?が午前と午後にあるそうなので根場での釣りは考えない。根場からヒラ、小ジラとみて回りモジリは確認できなかったので津原に向かう。5時に津原に到着。もう先着がいた。とりあえず挨拶をし、状況を聞くと昨日も来ていて10時までに17枚釣れたそうだ。風が強く白波も立つぐらいだったので上がったそうだ。

 本日の天候曇りのち晴れ。10時ぐらいから東の風が出てきて13時ごろから西かぜにかわった。しかし、やや強い風となったが、白波が立つほどではなく十分に釣りができた。

 
f:id:herataro:20180601075014j:image

 本日のタックル。竿15尺バランスの底釣り。浮き自作ボディー12cmパイプトップ。ハリス上36cm下44cm。

 餌  ① 夏、冬、ペレ底、マッハ各1水2.

    ② 粒戦50cc+水100cc+ペレ道100ccよくかき混ぜ赤べら一つまみ

    ③ 天々2+夏1+赤べら1+水1

一番感じかよかったのは③の餌か。

 5時20分釣りを始めるがなかなかあたりが出ない。隣は19尺で時々釣っているうえ当たりがあるようで時より合わせている。最初の1号が釣れたのは6時47分チクと入る。型は30cm超といったところ。


f:id:herataro:20180601075857j:image

  7時18分チクと入り釣れ7時55分にもチクと入り釣れた。その後少し釣れない時間があり9時43分ツッと入って釣れた。この時間帯まで波はなく凪状態。16時くらいから食いが良くなりかなり良い感じで釣れる。16時42分今季一番の型が釣れた。35cmくらいかな。

 
f:id:herataro:20180603081340j:image

 

 7時まで  2枚

 8時    2枚

 9時    0枚

 10時   4枚

 11時   4枚

 12時   3枚

 13時   4枚

 14時   3枚

 15時   1枚

 16時   3枚

 17時   6枚

 17時17分納竿 1枚追加

 

 本日の釣果 33枚 型30から36cm