2018.4.23 西湖へらぶな釣り

 ようやく今期初の西湖へ。日の出が今の時期5時ちょうどぐらいなのでその時間に合わせて自宅を出発する。

 西湖に5時到着。まだ足が痛むのでなるべく足場の良いポイントにしたい。まずポイントを見て回る。津原にはモジリがあるのを車の中から確認取れた。松屋、長崎はモジリがない。根場、ヒラ方面には行かずモジリのあった津原にした。釣れていないのか長崎、松屋には人がいない、津原には一人いるだけ。近況を聞くと4月の上旬から通っているようで長崎、根場、ヒラ、小ジラ、鵜木でも釣れたそうだ。津原は昨日好調のよう。入った場所は少し奥の突端より少し手前。岩に鉄筋が刺さっているあたりに釣り座を構えた

 
f:id:herataro:20180426075022j:imagef:id:herataro:20180426075044j:image

 本日のタックル竿15尺バランスの底釣り。ハリス上45c下35cm。針改良スレ7号。浮き自作12cmパイプトップ。餌=夏、冬、ペレ底各1水2。グルテン四季、凄グル各1水2。タナを測ると3本に足りないところ。

 支度を終え6時13分釣り開始。相変わらずモジリがある。期待できそうだ。餌打ち早々6時20分ツンと入り33cmぐらいのへらが釣れた。


f:id:herataro:20180426075447j:image

 

 その後も当たりがもらえる。6時46分モゾっと入り、2枚目。次投48分落ち込みで釣れて連チャン。このポイントは根掛が多いので竿を17尺に変更した(7時)。17尺にすると根掛がなくなり後はあたりがでるのを待つだけ。ヒメマスが全く釣れなじい。もう時期外れか?じ7時36分ツンと入り3枚目。その後も快調に釣れる。

7時44分、8時03分、08、20、9時16分と良い感じ。今日の天気は薄曇りで今のところ風もなく凪状態だったが右から風が出てきた。それほど風は気になるほどではないが風向きも東から西風に変わり当たりが頻繁に出るようになった。9時43、48、10時11,15,18分と順調に釣れる。13時40分ごろから西風が強く浮きが波で見えなくなるくらいの高さになった。さすがに順調だったが釣ることが難しくなり15時00分根掛してしまい浮き下から道糸が切れてしまい納竿となってしまった。

 時間が余っているので周りの状況を見に小ジラ、ヒラ、根場、光岩を見て回った。ヒラに2人根場には数人いて釣れているようなので明日は根場駐車場下に決めた。


f:id:herataro:20180426211137j:image


f:id:herataro:20180426211204j:image


f:id:herataro:20180426211223j:image


f:id:herataro:20180426211249j:image

  6時~7時まで 4枚

  7時~8時まで 2枚

  8時~9時まで 3枚

 10時~11時まで 5枚

 11時~12時まで 3枚

 12時~13時まで 4枚

 13時~14時まで 5枚

 14時~15時まで 2枚

 

 本日の釣果31枚 型30~34cm